坂出市 つたに歯科クリニック

審美義歯(ノンクラスプデンチャー) バネの無い入れ歯(目立たない入れ歯)

審美義歯審美義歯とは、保険外の入れ歯で、見た目の良い目立たない入れ歯のことです。保険の入れ歯は金属のばね(クラスプ)で入れ歯を固定し、安定させますそのため、口を開けた時や笑った時に、どうしてもばねが目立ってしまいます。女性や若い方だと、明らかに入れ歯と分かってしまうので気にされる方が多いようです。

そこで、多くの方の悩みである金属のばねを取ってしまい、ピンク色の部分だけで支える入れ歯がノンクラスプデンチャーと呼ばれる審美義歯です。

前歯に金属のかけがねが見えて気になる方にはこのノンクラスプデンチャーが最適です。見た目では入れ歯が入っているのがわからないぐらい自然な美しさがあります。

通常の保険義歯では、強度のためにある程度の厚みが必要となりますが、ノンクラスプデンチャーは軽く・薄くできるのが特徴で、違和感がありません。

また、外側だけでなく、内側の金具もなくなるので目立たずフィット感が良く、違和感も少なくなります。お手にとって比べて頂ければ、弾力性や重量感も感じていただけるかと思います。

入れ歯に関するお悩みなどございましたら、ご来院ください。

ノンクラスプデンチャーにはいくつか種類がありますが、当院で扱っているものは、その中でも新しく丈夫な材質の『スマイルデンチャー』という入れ歯です。


スマイルデンチャー

スマイルデンチャースマイルデンチャーは、その名の通り笑顔になります。
笑う時に手で口を覆う必要がなくなります。
人前でおもいっきり笑うことができます。
違和感が少なく快適です。
スマイルデンチャーを使っている方のほとんどの方が、入れているのを忘れるくらい快適だとおっしゃっています。
良く笑い、良く食べることは美容・健康に大きく関わっています。
美容・健康に良いということは、老化の防止にもなります。(アンチエイジング)

メリット

  • 金属のばねを使わないため、見た目が良い
  • 薄くて、軽い(保険の入れ歯の半分以下)
  • 最小限の大きさで作ることができる
  • 手で曲がるくらい柔らかく、壊れにくい(上写真)
  • 痛みや違和感がほとんどない
  • 残っている自分の歯への負担が少ない
  • 金属アレルギーの方でも使用できる

など、多数のメリットがあります。

デメリット

  • 保険外になってしまう
  • 柔軟性があるため、硬いものを噛むとたわみが生じることがある

ノンクラスプデンチャーの特徴

弾力性に富んだノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー弾力性に富むナイロン樹脂で作られた、金具の無い部分入れ歯ノンクラスプデンチャー。ひねってもねじっても割れにくい。この弾性が、ノンクラスプデンチャーに特別な性質を付加させています。つまり、樹脂を薄く作っても割れずに安心。自然な美しさを口元に再現いたします。

また、保険の入れ歯と比較しても材質的知見から、ノンクラスプデンチャーは金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がありません。

また、高い弾力性による適度な維持力があり、フィット感を得られ入れ歯でいることを感じさせません。

構造的知見からは、金属クラスプ(バネ)がないことにより審美性に優れ、口腔内損傷を防止します。


安心の材質

ノンクラスプデンチャー当院で使用しているノンクラスプデンチャーの材質であるポリアミドの安全性は、すでに世界的に証明済みであります。

また、国内の衛生研究所にて厳しい検査の結果、オールクリアと照明されノンクラスプデンチャーの安全性は証明されました。


スマイルデンチャー