坂出市 つたに歯科クリニック

インプラント

もし歯を失ってしまったら・・・・

今、天然歯とほとんど変わらない機能と外観を回復する「第三の歯 インプラント」が注目されています。

インプラント虫歯や事故などの原因により歯を失ってしまった場合、少し前までは両隣の歯を削ってブリッジを架ける方法や歯にバネをかける部分入れ歯によって噛めるようにしていました。

これは歯が失われた場所に、歯の根に変わるもの(人工歯根)を埋めて、それがしっかりついた段階で人工の歯を接合していく治療法です。

インプラント治療の利点と欠点

〔利点〕

  • 隣の歯を削ったり残っている歯に負担をかけたりすることはありません。
  • 歯を失ったことによる食べ物の制限、不快感など、さまざまな不満や問題を 解決します。
  • 天然の歯との区別が難しいほど自然に仕上がります。

〔欠点〕

  • 少なくとも1回の外科手術が必要です。
  • 保険がきかないので、費用は高額です。
  • ある程度以上の骨が残っていない人は、インプラントができないか、骨を作る手術が必要です。

インプラント治療の流れ

ここでは一般的なインプラント治療の流れをご説明します。

インプラントは、普通入院をせずに局所麻酔で顎の骨に埋入します。顎の骨とインプラントが結合するのを待ち、歯の修復物を固定します。

インプラント治療の流れ

インプラントは、専門性の高い治療ですので、手術までの検査・治療計画をきちんと立てて、患者さんも治療内容を把握した上で、進めていきます。


診査と治療計画 1次手術 治癒期間 2次手術 上部構造の装着

診査と治療計画

1次手術

治癒期間

2次手術

上部構造の装着

患者さんの状態により、治療法には様々な選択肢がありますので、十分に計画を立てます。 顎の骨にドリリング、インプラントを埋入します。 インプラントと骨がしっかりと結合する為に3ヶ月~6ヶ月は期間をおきます。 人工の歯(上部構造)を取り付ける準備をします。この場合も術後1~6週間おきます。 人工の歯(上部構造)を装着します。

従来の治療法との違い

●両隣に歯が残っている場合

両隣に歯が残っている場合


●両隣に歯が残っていない場合

両隣に歯が残っていない場合


●1本も歯がない場合

1本も歯がない場合

インフォームドコンセント

インプラント治療を初めて受けられる方は、特に不安が多いと思います。

当院では、明るくリラックスした雰囲気の中で患者さんと十分なコミュニケーションを図り、納得のいくご説明ができるよう努力しております。

また、治療計画の段階で治療にかかる費用も明確に提示させていただきます。

インプラント治療は保険適応外ですので、どうしても高額になってしまいます。

よって、無理のないお支払い計画も踏まえた上で、しっかりとした治療計画を患者さんと共に立てて行きます。